美優【モデル】病気が発覚していた?病名や新婚生活への影響を調査!

モデルの美優さんが滝川クリステルさんの弟『滝川ロランさん』と結婚していたことを2021年1月24日に報告しましたね。

美優さんといえば一時期、俳優の溝端淳平さんと交際していたとして騒がれていましたが、まさか滝川ロランさんと結婚するなんて驚きです!

そんなモデルの美優さんは過去に女性特有の病気を患っていたこともあり、新婚生活に影響はないのか心配なところです。

今回はモデルの美優さんが患っていた病気についてや、新婚生活への影響についてサラッと調べてみました!

美優【モデル】過去に病気が発覚していた!

モデルの美優さんは過去に病気が発覚していたということですが、女性特有ってどんな病気を患っていたのか調べました。

病気を患ったのは2016年4月のことで、本人が公式ブログで手術を無事に終えたことを報告していました!

当時、美優さんが患った病気というのは子宮頸部異形成の中の「高度異形成」という病気で、子宮頸部円錐切除術といって、子宮頸部(入り口部分)を円錐形に切除する手術受けたようですね。

この病気は近年おもに20~30歳代の女性に急速に増加している傾向にあるそうで、

自覚症状はない事が多く、子宮頸がん検診を受けなければ見つからない病気!

経緯としてモデルの美優さんはちゃんと年に1回産婦人科定期的に通い子宮頸癌の検査を受けていたことろ、

再検査をするようにと促されそこで「高度異形成」の可能性が出てきました。

それから大きな病院での詳しい検査の結果「高度異形成」と診断されたようです。

Sponsored Link

美優【モデル】病気を発症した原因は?

モデルの美優さんが患っていた病気は子宮頸部異形成の「高度異形成」と分かりましたが、

この子宮頸部異形成は子宮頸がんの前段階であり、女性にとっては怖い病気なんです。

子宮がんに発展してしまうと子宮の全摘出もするので、一生子供をつくることができず、心身ともに想像を絶する苦痛みを伴います。


モデルの美優さんの場合、一歩手前の段階での治療だったので幸いにも子宮がんには至りませんでした。

そんな高度異形成は発症する原因については婦人科のサイトで見つけたので引用します。

子宮頸部異形成と子宮頸がんの主たる原因は、ハイリスク型ヒトパピローマウイルス(HPV)の持続感染であることが知られています。

HPV感染は多くの場合、性交渉により生じます。しかしながらハイリスク型HPVに感染した場合でも、多くの場合が自然消失します。

引用元 東邦大学医療センター大橋病院 産婦人科

HPVに感染する場合は原因として性交渉による感染が主な原因だと言われているようですね。

美優さんの場合、本当に大事に至らなくてよかったですね。

Sponsored Link

美優【モデル】病気は治っても妊娠できない?


モデルの美優さんが発症した子宮頸部異形成の「高度異形成」という病気ですが、女性にとって大切な妊娠に影響はあるのでしょうか。

調べたところ『亀田IVFクリニック幕張』さんのサイトに論文紹介がありました。

その中には子宮頸部上皮内癌や高度異形成に対する治療歴のある女性と未治療の女性の妊娠率が記載されていて、

円錐切除術が妊娠率に悪影響を及ぼすのか?ということについても記載されています。

それによると、モデルの美優さんが発症した高度異形成の治療による手術「円錐切除術」が妊娠率に悪影響を及ぼす証拠は現在ないようですが、

14周目〜27週目の流産のリスクはあるみたいです。

結論:子宮頸部上皮内癌や高度異形成に対する円錐切除術が妊娠率に悪影響を及ぼすことを示唆する証拠はありませんが、14-27週の流産のリスクを有意に増加していました。

引用元 亀田IVFクリニック幕張

流産のリスクがあるということですが、現在では早産予防の手術を受けることで防げるそうです。

モデルの美優さんの経験も健診を積極的に受けていなかったら発覚が遅れていたのかもしれません。

定期健診ってほんとに大切ですね。